googleアドセンス自動広告の設定は選び方次第で収益アップ

googleアドセンス自動広告の設定は選び方次第で収益アップ

googleアドセンスの審査に合格したので、さっそくアドセンス広告をサイトに設置してみました。

通常のアドセンス広告とアドセンス自動広告があるので先に自動広告を設置してみることに。

これは収益アップのチャンスの匂いが…

 

自動広告が表示されてみて思ったこと

 

 

自動広告の設定をしてからアドセンス広告の配置は最適にされてるかな?と思ったのですが、なんとなくサイト全体を見た感じだと広告の数が多いのかな?って印象が強い。

でも1日経ってサイトを確認してみるとアドセンス側で調整したのだと思います、アドセンス広告の数が落ち着いた感じになりました。

私のサイトでアドセンス自動広告が配置される場所は固定サイドバーか通常のサイドバーに平均して多い感じがします。

固定サイドバーは追尾型なので、「もしかするとここがいいじゃんかよ!」ってなったのかもしれませんが、私のサイトの固定サイドバーは記事ランキングにしてあるため記事ランキングの間にアドセンス自動広告が挟まれる感じになってしまいます。

たとえば自動広告が激しいパターンの時は

 

  • 1位 ⇒下に広告
  • 2位 ⇒下に広告
  • 3位 ⇒下に広告
  • 4位 ⇒下に広告
  • 5位 ⇒下に広告

 

こんな感じの時があって、もう…記事のランキングなんだか広告のランキングなんだかわからないってパターンもありました。

しかし面白かったのでそのままにしておいたら記事ランキングの場所だけではなく、サイト全体のアドセンス自動広告の最適化がされたようで自動広告の数は落ち着いてます。(逆に内心がっかりです…)

もしかすると自動広告を設定した初めだけは自動広告の数が多いのかもしれないので、すぐに設定を変更しないで様子見をしたほうがいいです。

 

自動広告ランキングを作りたい方は私のような仕様にすると、もしかすると自動で気が向いたように広告ランキングが出来上がってますので参考にしてください。

 

 

Advertisement

 

 

それとサイドバーのランキング記事のアイキャッチと記事タイトルの間に自動広告が溶け込むパターンもあるので、この場合かなりのデザイン崩し広告になっています。

 

 

ゴリラくんのポリシーが離れていく…

 

これからアドセンスの自動広告を使ってみようかな。という人は一度、自動広告を全ての広告タイプが表示されるように設定しておいて実際に自分のサイトではどんな感じになるのかを確認してから広告を調整していくのがベストです。

アドセンス自動広告を使うのが初めてなのでわからない。という人もいるかもしれないのでアドセンス自動広告の設定を先にしていきます。

私的に、この広告タイプがサイトのデザインを崩してしまっているという意見も書いていますので参考にしてみてください。

 

アドセンス自動広告の設定方法

 

アドセンス自動広告の設定はページ内広告に4種類の広告タイプとオーバーレイ広告では2種類のアドセンス広告をONとOFFで、それぞれの広告の種類を設定していくだけの簡単な設定方法です。

 

 

 

google AdSenseの広告設定から広告の設定に進んで全般設定の変更を選択するとサイトに表示する広告タイプを選ぶ事ができます。

 

 

Advertisement

 

 

どんな広告タイプを表示させるか選択する

 

 

ページ内広告4種類 ⇐おすすめは3種類 (この広告はページの特定の領域に表示される広告タイプ)

 

テキスト広告とディスプレイ広告

 

 

テキスト広告とディスプレイ広告は、一度使ってみて広告がサイトデザインを崩してしまう感じが続くようなら、OFFにしたほうがいいかもしれません。

私のサイトでサイトデザインが崩れやすいのも、ディスプレイ広告が多いです。それと横長のバナー広告はサイトに目立ちますが、サイトに完全に溶け込みづらい時もあるかもしれません。

自動広告なので、横長と縦長バナーだと長さや幅の違いでサイトとの溶け込み具合が、その時その時で変わるために「なんか変だなぁ…」と感じます。

 

個人的な見解としてアドセンス自動広告を初めて設定した数日というのは、アドセンス側でも最適化するための微調整をしてるためなのかな?と考えてます(⇐かなりの個人的)

アドセンス側で自動広告の溶け込ませ作戦をしてるとしたら(してるはず)サイトのボリュームにもよりますが例として2~3日で私の薄っぺらいサイトは自動広告がサイトに溶け込んだ感じです

 

 

インフィード広告

 

 

だいぶ自然にサイトに自動で溶け込んでくれます。(しかしサイトにもよりますね)

 

 

記事内広告

 

 

記事内広告も、まだ一度もサイトのデザイン崩れになったことはありませんし、かなり自然な感じで配置される広告対応です。(安心安全の記事内広告)

自動広告は自分で記事内に貼るわけではないため、たまに文字のすぐ上に広告表示されることがあるので記事を見ずらくする場合があります。

その場合は自分で記事内広告を貼ってしまったほうが記事は見やすくなります。

 

 

Advertisement

 

 

記事内広告はアドセンス広告を使って自分自身でも記事内に使うと思うので、広告が記事のボリュームに合うように念のため自動広告との相性が悪くなってないかの確認が必要だと思います。

うっかり記事内広告が増えてしまってGoogleイエローカードをもらわないための確認です。

 

 

関連コンテンツ

 

 

関連コンテンツも問題なく自然な感じでサイトに溶け込みます。

私のサイトでは、まだデザインが崩れることなく最適に配置してくれてますしサイトの見栄えもよくなりました。

 

 

 

オーバーレイ広告2種類  (この広告はページに重ねて表示される広告タイプ)

 

アンカー広告

 

 

アンカー広告は、おそらくサイトを見づらくしてしまいます。

一度、使ってみたのですがスマホでサイトを見た場合にアンカー広告がサイト上部に配置されていて、画面をスクロールすると「にゅっ」と下がってきます。スマホだとその分が狭くなるので見づらくなってしまいます。

スクショしとこうと思ったのですが大至急「アンカー広告を表示させたくない!」との一心で忘れてしまいました。

アンカー広告を閉じるのはユーザーがやる仕様なので少し手間かなと思うところがありますね。

 

 

モバイル全画面広告

 

モバイル全画面広告は、もう広告の名前からして使おうと思えないです…

サイトのページが読み込まれてる間という事なので使い方次第では良いのかもしれません。

まだどんな感じになるのかをモバイル全画面だけは試してないので時間をみてやってみたいと思います。

 

デフォルトではオーバーレイ広告以外の全てにチェックしてある状態なので、そのまま保存をクリックします。

 

 

そして自動広告の全般設定で広告のタイプが表示されます。

この画面で先ほど選んだ広告タイプが表示されて確認できればオッケー。

サイト内のアドセンス自動広告の配置も自動で反映されます。

サイトに表示させたい広告タイプにチェックを入れておくだけで、あとはアドセンス側でサイト内の広告配置に適したスペースに適した広告を表示してくれます(適材適所名人)

 

 

自動広告用アドセンスコード貼り付け

 

アドセンスの先ほどと同じ画面で右上の自動広告を設定をクリックで自動広告用のアドセンスコードを表示させます。

 

 

上記の画像のようにアドセンス自動広告用のコードが表示されたらScriptコードをコピーして、サイトの<head>タグの間にコードを貼り付けます。

Scriptコードを貼り付けたら完了をクリック。自動広告の設定が完了しましたと表示されれば完了です。

 

<head>タグのある場所

 

 

 

ダッシュボードの外観からテーマの編集headの場所進みます。

 

 

テーマファイルの(header.php)の中にあるので「/head」の直前にアドセンスコードを貼り付けてファイルを更新します。

お使いのテーマによってコードの貼り付ける場所は設定内にあるかもしれないので適宜で貼り付けてください。

通常のアドセンス広告と自動広告を合わせて同時に使っても問題ないです。

自動広告がサイトに反映される時間は30分~1時間くらいかかったかもしれないです。(寝てしまったので…)

自動でアドセンス広告を表示させるため、サイト内の適切な場所を探してから表示させるために時間がかかるので、のんびり待ってると知らないうちに広告が反映されてるのでのんびりゲームでもして待ちましょう。

 

 

Advertisement

 

 

AMP自動広告の設定

 

アドセンスAMP自動広告の設定です。サイトをAMP対応にしていることが前提での説明になります。

 

 

 

Google AdSenceの自動広告から「AMP自動広告」をクリック。

 

 

 

 

画像のように手順1の赤枠2か所をオンにします。

 

 

 

スクリプトコードをAMP HTML「/head」の直前に貼り付け(コピペ)します。

このスクリプトコードを貼り付けておかないと、高確率でGoogle Search Consoleでampエラーが出ます。高確率というか絶対に出るかもしれません。

エラーに関してはスクリプトコードとは関係ないエラーが発生する確率も高いので自動広告が反映された1日後くらいに致命的と言われるほどのエラーが発生するかもしれません…

 

 

なので少しでもエラー数を減らしておくように必ずスクリプトコードは貼り付けましょう。

ちなみにAMPエラーは、検索順位には影響を受けません。エラーのあるAMPページが有効なAMP ページとして認識されないだけです。

 

 

アドセンス広告の掲載数/今と昔

 

さて自動広告の設定がひと段落したところでGoogleアドセンスの広告は何個まで掲載していいのか?

Googleアドセンスの広告の今までのルールは上限数が決まっていました

 

  • コンテンツ向けAdAenseはユニットは3つ
  • リンクユニットは3つ
  • 検索ボックスは2つ

 

現在

  • 広告はページのコンテンツより多くなってはいけない
  • コンテンツはユーザーにとって価値のあるものでないといけない
  • コンテンツに見合わない過度な広告掲載は表示を制限されるか無効になる場合がある

 

上記の感じでアドセンス広告のルールは変わりました。

以前は「この数までしかダメだよ」という縛りがあったのが現在では、自分自身で広告とコンテンツのボリュームを調整していく自主性化になっているので、アドセンス自動広告とアドセンス広告を微調整しながらサイトに溶け込ませていく必要があります。

私のサイトでの自動アドセンスの配置を何日か見ていましたが主な場所はというと

 

  • 記事上のヘッダー
  • 記事下
  • サイドバー
  • 記事内

 

上記の4か所が主なアドセンス自動広告の配置場所です。

他の人のサイトも覗きにいってみましたが、同じ感じになっていることが多かったので初めてアドセンスの自動広告を導入する人は事前に自分のサイトにイメージしてみながら、スペースを開けたりしておくと隙を狙って自動広告が設置されやすと思います。

逆に「この場所にアドセンス自動広告はやめておこう」という場所は先手を打って、他の広告にしておけばデザイン崩れも対処できやすくなります。

 

総合してGoogleアドセンスの自動広告を考えると、アドセンス広告で収益をあげたい人には選び方次第でとても収益アップにつながるものだと思います。

Googleはユーザーに価値のあるサイトを好む傾向があるのでSEO対策も必要ですが、AMPに対応させてAMPエラーの対処もしていきつつ、モバイルでのサイト表示スピードの改善でユーザーに記事を読むまでの短縮をしていきながら、アドセンスの自動広告で収益アップしていくのが重要なのかもしれません。

偉そうな感じのまとめ方ですが、かなり私の課題でもあります(笑)

アドセンスカテゴリの最新記事