All in One SEO Packの設定をしてSEO対策する方法

All in One SEO Packの設定をしてSEO対策する方法

 

All in One SEO PackをWordPressのプラグインからインスト―ルして有効化したまではいいけど、いざ設定画面に行ってみると意味の分からない部分が多くて設定が分からない人もいるかもしれません。

でもAll in One SEO Packを設定しておけばSEO対策が簡単にできるプラグインなので必須なプラグインです。

記事では一般設定・XMLサイトマップ設定を記事にしています。

SEO対策に必要な設定なので少し長めの設定数がありますが最初に設定をきちんとしておけばしっかり役に立つプラグインなので参考になればと思います。

 

 

All in One SEO Packをインストール

 

 

WordPressのダッシュボードのプラグインから新規追加でプラグインへ。

プラグイン検索窓にAll in One SEO Packを入力(コピペのほうが早いかもです)

かわいい顔で口を開けてマスコット的なのがAll in One SEO Packなのでインストールをします。

インストールが終わったら有効化してください。

 

一般設定

 

 

有効化が完了したら次はAll in One SEO Packから一般設定に進みます。

 

 

Canonical URL

サイトの重複コンテンツに対してGoogleから低評価にならないようにする設定で重複コンテンツがないことを検索エンジンに伝えるようにするのでチェックを入れておきます。

 

元のタイトルを利用

他のプラグインやテーマでタイトル設定する場合は有効にしますが記事説明ではAll in One SEO Packでタイトル設定するので無効にします。

 

Schema.orgマークアップを使用

サイト内情報を細かく解析して検索エンジンに伝える設定の部分。

 

ホームページ設定

 

少し下にスクロールするとホームページ設定があります。

 

 

ホームタイトル

トップページのタイトルを入力

 

ホームディスクリプション

メタディスクリプションといって検索した時にタイトルの下に説明文みたいのが書いてあるやつです

私のサイトタイトル表示を例にこんな感じです(わーどしゅーぷれす…変なタイトルですな…)

 

 

 

ホームキーワード

この部分はあんまり関係ないようですがトップページをどんなキーワードで上位表示させたいかキーワードを入力するところです。キーワード入力してもしなくても関係ないのなら入力しておいて関係ないほうがいいと思い私は使っています。

 

代わりに固定フロントページを利用する

上記で設定したホームタイトルとホームディスクリプションの設定を上記の設定ではなくトップページのほうを使うようにする設定です。

All in One SEO Packで設定したので 無効 に設定します。

 

Advertisement

 

タイトル設定

 

 

タイトルを書き換えるの部分は無効にチェック

以前は設定を変更していたのですが現在はGoogle側で調整しているようなので 無効 にします。

ちなみに有効にチェックを入れた場合の以前の設定はというと

 

 

ここの設定のデフォルトは「%page_title% | %blog_title%」になってると思いますが固定ページと投稿タイトルを画像のように変更してました。

デフォルト設定のままだと記事タイトルの後ろにサイト名が入ってしまうので文字数が多くなり過ぎる可能性が出てきます。

「| %blog_title%」の部分をなくして「%post_title% 」だけにするとサイト名が入らなくなります。

 

 

カスタム投稿タイプ設定

 

 

投稿ページ・固定ページ以外のSEO設定をできるようにする設定

カスタム投稿用のSEOを有効にすると、その下の設定項目が表示されます

 

SEOを行う投稿タイプ

投稿・固定ページにチェック

 

詳細設定を有効化

ここの設定はAll in One SEO Pack有料版でないと使用できないのでどちらを選んでも問題ありません。

 

 

表示設定

 

カスタム投稿タイプの列ラベルを表示

 

 

ほとんど重要ではない設定ですがチェックを入れた場所で設定ラベル表示させるための設定です。

投稿・固定ページにチェックを入れた場合の表示確認方法

 

 

ダッシュボードの投稿一覧で右上の表示オプションがあります。

表示オプションをクリックで下画像のような表示が現れます。

 

 

ここに表示されているカラムからチェックしたり外したりしてみるとわかりますが投稿一覧の表示が増えたり減ったりするので表示させておきたいものをチェックしてから適用。

 

ウェブマスター認証

 

ウェブマスター認証ではサイト運営していくのに重要な設定です。

特にGoogleウェブマスターツールの設定は必須ですがBing Web マスターセンターの設定もできればしておいたほうがいいかもしれません。

 

Googleウェブマスターツール

 

 

 

 

プロパティの追加で②自分のサイトURLを入力して③追加します。

 

 

おすすめの方法の横の①別の方法から②HTMLタグを選択するとメタタグが表示されるので

【 content=” この中だけをコピー  ” /> 】の中のコードだけをコピーしてAll in One SEO PackのGoogleウェブマスターツールの枠に入力。

 

 

入力できたら画面一番下にスクロールして設定を更新をクリック

次にGoogleSearchConsole側で左下の確認をクリック

https://サイトURL/の確認が完了しました。と表示されれば完了です。

 

 

Bing WEB マスターセンター

 

 

Bing Web マスターセンターはBing WEBマスタツールからサインインをしてサイトの追加

 

 

 

 

URL*の枠内にサイトURLを入力してから追加をクリック

サイトマップの追加は後からできます。

 

 

 

URL入力して追加すると自動でタグ表示されるのでオプション2のところのメタタグでcontent=”   ” />の中のコードをコピーしてAll in One SEO PackのBing Web マスターセンターの枠内へ入力します。

All in One SEO Packで一番下の設定を更新をクリックしてBing Web マスターの一番下の確認をクリック。

 

Advertisement

 

Google設定

 

Google+設定とGoogleアナリティクス設定ができます。特にGoogleアナリティクスは必ず設定しておきたい設定でもあります。

 

Google+デフォルトプロフィール

Google+デフォルトプロフィールはGoogle+のプロフィールURLを入力します

 

プロフィールURLの表示させ方

 

 

Google+に進んでプロフィールをクリックしてから検索窓に表示されてるURLがプロフィールURLなのでコピーして枠内に入力

 

 

 

GoogleアナリティクスID

 

 

Googleアナリティクスの管理から①トラッキング情報⇒②トラッキングコードの順番で進むとトラッキングIDと大きく表示されているので、そのままコピーしてAll in One SEO Packの枠内に入力。

GoogleアナリティクスID設定で気を付けたいのが、すでに自分で<head>内やテーマの設定からアナリティクスのトラッキングコードを埋め込ん出る場合はAll in One SEO Packでトラッキングコードを設定する必要はないです。

トラッキングコードを設定してしまうと、トラッキングコードが重複してしまい、アナリティクスで「直帰率」が反映されなくなります。

 

トラッキングからユーザーを除外

 

表示されてる項目の日本語翻訳は以下の通りです。

  • Administrator⇒管理者
  • Author⇒著者
  • Comtributor⇒投稿者
  • Editor⇒編集者
  • Subscriber⇒加入者

複数人でサイト運営していなければ、ほとんどは全て自分自身だと思うのでチェックを入れておくとGoogleアナリティクスのアクセスデータから除外されるのでアクセス解析が分かりやすくなります。

 

Noindex設定

 

 

noindex設定はそれぞれチェックした項目が検索結果に表示しないようにする設定です。

 

noondexをデフォルトnofollowをデフォルト

 

チェックをどれにするかは運用してるサイトによって変わりますが一般的には、投稿ページ・固定ページ以外はチェックをいれて大丈夫です。

noinndexがあまりよくわからない場合は下記の項目にチェックをいれておきます。

 

  • 日付別アーカイブにnoindex
  • 投稿者アーカイブにnoindex
  • タグをnoindex
  • 検索ページにnoindex
  • 404ページにnoindex

 

上記の項目でカテゴリーをnoindexにする項目があると思いますが、私の意見としてカテゴリーはnoindex設定にチェックしなくていいと思っています。

このサイトでは投稿ページ、固定ページ、カテゴリーにはnoindex設定をしないで運営してますが、掲載順位が下がることなくサイト運営ができています。

記事数を増やしていきながら記事の掲載順位やgoogleから質が低いと思われて評価を下げてしまうページが出てきた場合は適宜設定を変更していくのが最善だと思えます。

 

 

ページ付けされたページ

 

サイトの一覧ページが増えて2ページ、3ページ~5,6ページとある場合、全てインデックスされてしまいます。

そうなると重複ページと見られてしまう事があるので2ページ目からをnoindexとnofollowにして重複しないようにするためのものです。

なので一覧ページ数がある場合はチェックを入れておくと重複にならないようにできます。

 

詳細設定

 

デフォルトのままでオッケーです。

 

キーワード設定

 

 

現在はメタキーワードの設定はランキングには影響がなくなっているようなので使ってるサイトは少ないんのではないのではないでしょうか。

分からない部分があったので私も調べてみましたがツールを使うと、どんなキーワードで対策しているのかがわかってしまうという記事も見ました。

私の場合はランキングに影響がないならどっちでもいいと思い、キーワードに対してはどの記事なのかを分かりやすくなるようにと考えて画像のようなを設定にしています。

調べてみたらチェックを入れてない設定も多いのでチェックなしでも問題ありませんがお好みでどうぞ。

 

設定を更新で一般設定は完了

 

Advertisement

 

XMLサイトマップ設定

 

 

All in One SEO pack の機能管理からXMLサイトマップがあるのでActivateをクリック。画像ではDeactivateになっていますがActivateをクリックすると切り替わります。

ではXMLサイトマップから設定をしていきます。

 

XMLサイトマップのステータス

 

サイトマップ表示をクリックするとサイトマップが見られる部分。

 

XMLサイトマップ

 

チェックが必要な設定部分を説明していきます。

 

 

更新を予約

予約なし・毎日・毎週・月のどれかで選択可能

私の場合は週に2記事くらいのペースなので毎週に設定していますが自分自身の更新頻度で設定してみてください。

 

投稿タイプ

どのページをサイトマップに表示するか設定できるところです。投稿と固定ページにチェック

 

タクソノミー

カテゴリーにチェック。記事の分類をタグで管理してる場合はタグにもチェックです。

 

 

 

圧縮版サイトマップを構築する

チェックを入れておきます。通常サイトマップをクローラーが取得できなかった場合に圧縮版サイトマップを検索エンジンに伝えることができます。

 

仮想Robots.txtからリンクする

Robots.txtがサイトマップにリンクしてクローラーにサイトマップを伝えてくれます。

robots.txtは検索エンジンの動きを制御するためのもので、クローラーに優先させるページを指定できます。

 

サイトマップを動的に生成

サイトに変更があった時に自動でサイトマップを更新してくれて常に新しいサイトマップの状態になっているようにしてくれます。

 

追加ページ

 

デフォルトのままで大丈夫です。

 

除外項目

 

 

除外カテゴリー

サイトマップから除外したいカテゴリーを選択すると除外したカテゴリーは表示されなくなります。

チェックなしで大丈夫ですが除外したいカテゴリーがある場合はカテゴリー名にチェック

 

除外ページ

XMLサイトマップから除外したいページを設定可能。スラッグ名か記事IDで入力しますが、複数ページを除外する場合は 「,」 カンマで区切ります。

除外といってもAll in One SEO PackのXMLサイトマップから除外するだけなので検索エンジンに表示したくない場合はnoindex設定をしてください。

 

優先順位

サイトマップの優先順位を決められるのですがXMLサイトマップ設定でサイトマップを動的に生成にチェックをしているので優先順位も自動計算のため、上書きしないにしておきます。

 

頻度

更新頻度の設定ですが優先順位と同じで自動になっているので上書きをしないにしておきます。

 

最後にサイトマップを更新をクリックして更新します。

 

 

Googleサーチコンソールでサイトマップを送信

 

 

Google Search Consoleからクロール⇒サイトマップと進みサイトマップの追加/テストをクリック

サイトURLが表示されてるのでsitemap.xmlと入力してサイトマップを送信なら送信をクリック

テストする場合はテストをクリック。テストが完了するとテスト結果の表示が出るのでクリックで確認。

保留と出ますが何日かでインデックスに登録済みになります。

 

記事を読んでくれた方へ

 

今、私は読んでいただけたことで赤ちゃんのような笑顔になってると思います。

皆さんのWordPressライフが楽しくなりますように。

 

WordPressプラグインカテゴリの最新記事