お名前.comで独自ドメインを取得したいときの方法

お名前.comで独自ドメインを取得したいときの方法

お名前.comでドメインを取得したいときの方法を説明していきます。

これからウェブサイトやブログを作成するために独自ドメインを使いたいけど、お名前.comでドメイン取得するのは初めて、以前お名前.comでドメイン取得したことはあるけど再確認してからドメイン取得したいなどの方に参考になるかと思います。

 

お名前.comで取得したい独自ドメインの検索

 

お名前.comのトップページを開きます。

 

 

 

 

 

トップページを開くと、すぐに検索ボックスがあります。この検索ボックスがこれからドメインを取得したい独自ドメインの文字列を探せるボックスです。

 

それぞれ「お名前.com」で取得したいドメインの文字列を入力してみてください。

入力が終わったら検索ボックス横の「検索」をクリックして検索結果を表示できます。

 

 

次に表示された取得したい独自ドメインに対して続く「.com」や「.jp」などの部分になるドメインを探してみてください。

取得できるドメインはチェック項目が「空白」になってるのでチェックを入れると「選択した商品」に追加できます。

 

チェックができないドメインは×マークです。

その他にPマークが付いてたりします。そのドメインはすでに取得されてるドメインなのですが、表示されてるアイコンの内容によってはドメインを取得できる可能性があります。

Pマークや他のアイコンの意味を次で説明します。

 

お名前.comのドメインのPやアイコンの意味

 

お名前.comで取得したいドメインに何らかのアイコンマークが付いていて意味がわからない場合は一個づつ意味を書いておくのでドメイン取得の参考になればと思います。

 

登録可能

申し込みできるドメインです。

 

 

可能性あり

登録できる可能性があって、クレジットカード決済で申し込みができます。

 

 

登録不可

ドメイン取得できないため申し込みできないです。

 

 

メール通知

 

登録済みのドメインなのですぐに取得できないですが、そのドメインが空いたときに事前にメール通知してもらえる申し込みはできます。

 

 

バックオーダー

 

登録申請の予約ができます。近々そのドメインが解放されるドメインのようです。

 

 

オークション

お名前.comのドメインオークションで出品してるドメインです。取得する場合はドメインオークションからになります。

 

Advertisement

 

プレミアムドメイン

 

取得可能ですがプレミアムドメインとして取得が可能です。入手困難なドメインなのでドメインの金額が通常よりは高いです。

 

 

ドメイン売買サービス

お名前.comを利用してるユーザーが出品してるドメインです。即決価格や価格交渉などによって取得していくようです

 

取得するドメインがないときの再検索方法

 

お名前.comの検索ボックスで取得したいドメインを探したけど希望するドメイン名が見つからない。

そのようなときには、取得したい独自ドメイン名の文字列を変更したり、文字を追加して再検索することで見つかる可能性が高くなります。

そして、もっと細かく検索条件を絞り込みながら取得したいドメインを探したい場合は、「お名前サーチくん」を使用してみてください。

 

 

 

お名前サーチくんは、取得したいドメインの文字列を入力した検索結果の金額やドメインの種類、何文字かでも絞り込みができます。

 

お名前.comで取得したいドメインの申し込み

 

お名前.comで独自ドメインが検索ボックスで見つかったら、次はドメインの申し込みをします。

取得したいドメインにチェックを入れて「お申し込みへ進む」をクリックすると「申し込み内容」に画面が切り替わります。

 

 

取得するドメインに必要な項目を説明していくので確認しながら入力してみてください。

 

登録年数

 

お名前.comでこれから取得する独自ドメインの登録年数を決めます。

 

 

ドメインの登録年数は1年〜10年までの登録年数が決められます。お名前.comで取得したいドメインの運用年数を考えたりしながら登録年数を決めてみてください。

特にこだわりなければ、1年の登録にして1年後のドメイン更新月で再度検討するというやり方でもいいかもしれません。

 

Whois情報公開代行

 

Whois情報公開代行は新規のドメイン取得時は無料です。

Whois情報公開代行のチェック項目もないので、独自ドメインの申し込み完了後に自動でWhois情報公開代行が設定されます。

 

Whois情報公開代行が必要になるWhoin情報に付いて詳しくは関連から読んでみてください。

 

 

Whois情報公開代行メール転送オプション

 

Whois情報にはメールアドレスが記載されます。

このときのメールアドレスをお名前.comのWhois情報公開代行メール転送オプションが代行して転送してくれるオプションです。

ドメインのWhois情報を検索すると出てくる代替アドレスにメールが届いたら、指定のアドレスに転送することができるという内容です。

 

Advertisement

 

 

外部からのコンタクトを受け入れる手段になるので便利そうですが、これはWhois情報を通じてドメイン登録者宛への連絡があった場合なので、こだわりがなければ特に必要ないです。

ウェブサイトなら「お問い合わせ」があるので、お問い合わせからのコンタクトが多いです。

 

ドメインプロテクション

 

お名前.comのドメインプロテクションは、お名前.comの管理画面の誤操作と第三者の不正アクセスによる操作を防止することができるオプション設定です

被害事例やドメインプロテクションが必要なのかは別記事にしてるので、ドメインプロテクションを検討してドメイン取得と同時に設定したい場合は料金などを検討しながら決めてみてください。

 

 

お名前.comのレンタルサーバー使用の可否

 

ドメイン取得と同時に、お名前.comのレンタルサーバーを使用するか決めることができます。

 

  • スタンダードなレンタルサーバー
  • Office365メール搭載機能のレンタルサーバー
  • ホームページ作成ツールつきレンタルサーバー

 

上記のような3つのレンタルサーバープランがあるようです。

 

 

私はエックスサーバーの一択なので詳細はわかりませんが、他のレンタルサーバーを使用する予定の場合は「利用しない」に必ずチェックが入ってる状態にしてください。

 

お名前.comの会員情報

 

 

初めてお名前.comで取得したい独自のドメインを選んだ場合は「初めてご利用の方」をチェックし、メールアドレスとパスワードを決めて入力後に「次へ」をクリックします。

そうすると、お名前comの会員情報を入力になるので会員登録をします。

 

 

会員情報に必要な入力項目を記入して登録して「次へ」をクリックしてください。

会員情報の登録後は、取得したいドメイン料金の支払いになります。

 

すでにお名前.com会員になってる場合には、お名前.comの会員IDとパスワードを入力します。

ログイン済みの場合は会員情報の入力は必要ないので「次へ」をクリックしてドメイン料金の支払いに進みます。

 

取得したドメイン料金の支払い方法

 

お名前.comで取得する独自のドメインの支払い方法を選択します。

 

支払い方法は3つです。

 

クレジットカード払い

独自ドメインの支払いをクレジットカード払いを選択するとドメインの更新は「自動更新」になります。

ちなみにジャパンネット銀行のデビットカードでも支払いできました。

 

コンビニ払い(手数料150円 税抜)

 

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セイコーマート

 

ドメインの支払いをコンビニ支払いにすると、支払いのための番号が発行されます。

私はファミリーマートで支払いをしたことがありますが、ファミマの場合は「企業コード」と「注文番号」がお名前.comで発行されるので、ファミポートで発券して支払いをする流れです。

 

銀行振込

取得したドメインの支払いで銀行振込が一番時間がかかるのかと思います。

支払い口座から入金反映後に決済完了のメールがお名前.comから届くと思うので銀行の営業時間外だと翌日とかになるかもしれません。

 

お名前.comでドメイン取得完了

 

取得したいドメインの支払いが完了すると、お名前.comで独自ドメイン取得完了です。

 

  • Whois情報公開代行完了通知
  • ドメイン登録完了通知

 

上記の完了通知がお名前.comに登録したメールアドレスに届きます。大切に保管してください。

そして、このときにお名前.comkら届いたメールに記載されている確認用のURLへアクセスし、認証を行う必要があります。

記載のURLへアクセスした完了しておくようにしてください。

以上でお名前.comで独自ドメイン取得完了です。

ドメインを取得後、レンタルサーバーがまだの人はレンタルサーバ契約手順もよければ参考に使ってください。

 

お名前.comカテゴリの最新記事