WordPressでGoogle検索に表示させないサイトにする方法

WordPressでGoogle検索に表示させないサイトにする方法

通常はWordPressで作成したサイトで記事を書いたら、Googleの検索結果に表示するためにクローラ―の巡回をさせようとします。

ですが逆に「Googleの検索結果にサイト全体や特定のページを表示させないようにすることができる」ということをnoindexについて調べてたら見つけたので、どんな状況でどんな方法や効果があるのか知っておこうと思いました。

このサイトもWordPressを使ってブログ運営をしてるので今後Googleの検索結果に表示しないようにする必要がでるかもしれないので学びとしてまとめておこうと思います。

 

WordPressでGoogleに検索されないようにする

 

  • WordPressのサイトを検索に引っかからないようにする
  • 検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする
  • Google検索拒否
  • Googleに検索されないようにする

 

上記はどれも言葉が違うだけでサイトや特定のページを検索結果に表示させないようにするためにはどうするかを知りたいときに思う疑問です。

わたしは初めて知ったのですが上記のこれらの言葉をまとめて表現するときは「検索避け」という表現でまとめられます。

今まで検索避けすることなど全く考えることがなかったので、常にWordPressで新記事を作成したらサーチコンソールのFetchを使用して少しでも早くインデックスしGoogleの検索結果に表示させたいと思ってばかりでした。

その一方で「検索避け」の方法を使ってGoogleの検索結果にサイト全体や特定のページを表示させないようにしてしまうと、せっかく書いた記事を多くの検索ユーザーに見てもらえなくなります。

意外に思えますが、見てもらえなくなったとしても検索避けして検索に表示させないようにするということは「そのサイトに検索避けは良い効果がある」ということだと思えてきます。

先ずは検索避けする理由には何があるのだろう?について考えてから具体的な検索避けの方法を説明していってみます。

 

検索避けをサイト全体でする理由

 

まだサイトが未完成で公開前だったりテストサイトとして動かしてるサイト

そして誰にでも見せたくないサイトをつくるときも検索避けして検索に表示されないようにする理由になります。

たとえばサイトを限られたユーザーだけの閲覧にしたり会員向けに作成する場合があります。

 

ページごとに検索避けする理由

 

どんなページを検索避けして検索に表示しないようにすると良いのか?

 

  • 固定ページや投稿記事で個別に検索避けする場合
  • 管理画面やシステムに関するページ
  • エラーページ
  • HTMLサイトマップページ
  • 重複ページ

 

たとえばエラーページやシステムに関するページは検索エンジンから見ると情報量が少ない質の低いページになってしまいサイトの平均掲載順位を下げてしまうことになります。

そして最も検索避けしたほうが良いと思うのは「重複ページ」です。必ず検索避けをして同じページが重複してインデックスしないように検索避けしておくべきです。

重複ページや検索順位が低いページ(質の低い)ページはサイト全体の平均順位をさげてる原因になってるので検索避けすることでサイトの評価が上がり検索順位の上昇やクリック率を上昇させる効果が期待できるからす。

ただし検索避けで検索結果に表示されないようにすることを多用してしまうのは逆効果なので、基本的にはリライトしながらページの質やボリュームを改善させて質をあげてインデックスさせておくのが良いと思います。

 

 

Advertisement

 

 

WordPressで検索避けする具体的な方法

 

WordPressのサイトでGoogleに検索されないようにするために検索避けをサイト全体やページごとにする理由を知った上で、次は具体的に検索避けをする方法を使ってGoogleの検索結果に表示させないようにするやり方を知っておこうと思います。

 

WordPressの設定で検索避けする方法

 

 

設定表示設定検索エンジンでの表示にチェックをいれる⇒変更を保存

WordPressの表示設定で検索エンジンでの表示にチェックをいれればサイト全体をインデックスしないようになりますが、必ずというわけではなくてサイトをインデックスしないようにしてもGoogleのクローラ―がクロールする場合もあります。

検索エンジンでの表示設定でインデックスしないように設定したら、noindexタグが記述されてるかを確認するようにします。

 

noindexタグを使う方法

 

WordPressで作成したサイトやページを「Googleの検索結果に表示したくないけれどリンクを知ったユーザーがページにアクセスするのはかまわない」という場合には「noindexタグ」を使用します。

クローラ―に対してのnoindexタグはmetaタグという種類の一つでHTMLにnoindexタグを記述してクローラ―に検索結果に表示をさせないように伝えることができます。

「WordPressの設定でnoindex設定」でも「noindexタグの記述」でもやり方が違うだけなのですが、noindexタグを使う場合はサイト全体でもページだけでもnoindexタグをHTMLのhead内に記述するので使いやすい方法だと思えます。

noindexタグをHTML内に直接に記述する場合はhead内に記述をします。

 

<meta name="robots" content="noindex" />

 

head内の配置の例

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>

<meta name="robots" content="noindex" />

</head>
<body> ...</body>
</html>

(metaタグ記述は見やすいようにheadタグ内を改行してます)

 

Googleの標準のウェブクローラ―名はGooglebotなのですが上記のnoindexタグをhead内に記述するとrobotsはすべてのクローラーに適用するように指定しています。

もしGooglebotだけにnoindexにするならばnameを変更してhead内に記述します。

指定するクローラ―を調べる場合は下記を参考にしてみてください。

 

 

検索避けとしてnoindexタグを記述した場合は、次にクローラ―が回ってきたタイミングで検索エンジンのインデックスからは対象外になり検索結果に表示されなくなりますがクローラ―の巡回は平均的なユーザーと同じようにページを認識します。

noindexはクローラーの巡回はさせてもいいけど検索結果の表示はさせたくないときに使うのが効果的な使い方です。

もし完全にクロールを止めたいのであれば「robots.txt」を使うようにするのがいいです。

そしてセキュリティを確保したいなら公開状態やステータスを変更して適切な認証方法(ユーザーパスワードを求めるなど)を使用したり、ページをサイトから完全に削除したりする方法で行うのが適切といえます。

 

 

 

Advertisement

 

 

WordPressのプラグインを使ってnoindexを設定する

 

WordPressのプラグインで簡単にnoindexを設定することもできます。

 

 

「All in one SEO Pack」というプラグインをインストール後に有効化をしてnoindex設定から設定ができます。

 

WordPressでAll in one SEO Packを使用してnoindexする場合は投稿画面からnoindexにしたいページごとに設定もできます。

詳しくはAll in One SEO Packの設定方法を記事にしてるので参考にしてみてください。

 

WordPressテーマでできる場合もある

 

ページをnoindexの設定にしたい場合、使用しているWordPressテーマによってはnoindex設定ができるテーマもあります。

 

 

このサイトのテーマのLION MEDIAでは投稿画面の下にnoindex設定ができるようになっていますが、それぞれの使用してるテーマ内の設定を確認して設定ができるかもしれないので一度みてみてはいかがでしょうか。

 

検索エンジンにインデックスさせないようにするのは最小限にする

 

今回で分かったことはWordPressの設定からでもnoindexタグの記述方法でも安易にインデックスさせないようにしてしまうのはダメだと思えました。

事前にSearchConsoleでページの質を分析したり、しっかり調べて細かい判断をした上での検索避けをしないとサイトの評価を逆に下げてしまう可能性もあるかもしれないとも思えます。

今回の「WordPressでGoogle検索に表示させないサイトにする方法」が少しでも参考になればと思います。

WordPressカテゴリの最新記事