WordPress 公開状態やステータスの変更をするときの使い方

WordPress 公開状態やステータスの変更をするときの使い方

WordPressで記事を公開するときに使うのは、「下書きとして保存」「プレビュー」そして投稿を公開するための「公開」を主に使うと思います。

これだけでも問題はないですが、公開にはステータスに「下書き」や「レビュー待ち」があり、公開状態には、「この投稿を先頭に固定表示」「パスワード保護」「非公開」が選択できます。

公開状態とステータスはWordPressを複数人で運営してる場合に使う事が多いですが、一人で運営していても記事を公開したけど下書きに戻したい時や非公開にしたい投稿があるかもしれません。

どちらにしても、公開状態とステータスを変更するときの使い方が分かると、どんなWordPressの運営方法になっても役立ちます。

 

WordPressの公開状態とステータスの違いは何か

 

公開状態もステータスも、そのままの言葉通りといえばそれまでなんですが、公開状態の使い方とステータスの使い方を語りたいので先に簡単に説明させていただきます。

先ずは公開状態から。

 

公開状態

記事をどのように公開して、どの範囲までの人に読んでもらいたいかを決める事が出来ます。

簡単に言えば、見てもらう範囲が決められるのが公開状態です。

次にステータス。

 

ステータス

今、書いてる記事に対して自分はどんな状態なのかを表示しています。

通常は投稿画面で記事を作成してる時に下書きと表示されますが、この記事は現在は下書きの状態ですよ。というのがステータス。

公開状態とステータスの違いをまとめます。

 

公開状態⇒現在の記事の見え方

ステータス⇒現在の記事の状態

 

公開状態とステータスの簡単な違いでしたが、次でそれぞれの使い方が分かるようになると違いの分かる人になっていくので読んでみてください。

 

 

Advertisement

 

 

公開状態の種類を使い分ける基本

 

公開状態には2種類があり、「パスワード保護」と「非公開」を使って記事を読む人を限定することができます。

では先に非公開をどう使うのかみていきましょう。

 

一時的に非公開?ずっと非公開?

 

非公開は公開とは真逆になります。⇐当然だってばよ

公開状態で記事を非公開にするとWordPress権限が管理者か投稿者しか記事閲覧できません。

非公開にしたことがないので、どういう使い方があるのか考えましたが…

 

というより妄想ですが

ブログ運営なら非公開にして1人で日々の恨みつらみ、ストレスを綴るブログとかにする使い方が出来そうです。⇐この場合はずっと非公開にしましょう

まじめに

非公開を使う時を説明するとユーザーには見られたくないとか、一度公開したけど間違えてるから非公開にして記事修正をしよう!という時に使えます。⇐この場合は一時的に非公開にしましょう

 

次はパスワード保護について

 

パスワード保護で閲覧制限をすると良い場合もある

 

複数人でストレスをぶちまけるブログに活躍しそうなパスワード保護についてです。

パスワードをかけてみんなでストレスブログでも作ったら良いだろうと思っています⇐小声

公開状態のパスワード保護を使うと通常の公開とは違って、その記事はパスワードを入力した人ではないと見れないです。

非公開の場合は全くユーザーは閲覧することが出来ないのですが、パスワード保護はパスワードを知っていればユーザーでも閲覧が可能です。

例えば、ウェブサイトで素敵なお得情報を有料会員様しか見れないようにパスワード保護したり、ウェブサイトを納品するときまでパスワード保護して確認作業を複数人で見るときなどの使い方ができます。

 

投稿画面で公開状態とステータスの使い方

 

これまで説明してきた意味が分かると使い方は分かるようになってきたかもしれません。

ここでは実際にWordPressの投稿画面で使うときを説明していきます。

もれなく最後には公開状態にある影の人気者といわれている「この投稿を先頭に固定表示」についても説明していきます。

 

公開状態の種類

 

  • パスワード保護
  • 非公開

 

上記2つがあるのでパスワード保護の使い方から説明します。

 

パスワード保護

 

 

パスワード保護を選択するとテキストボックスが表示されるので、投稿記事に対してのパスワードを入力できます。

入力後に「OK」をクリック

 

 

 

すると公開状態が「パスワード保護」になってるのが確認できます。

 

 

 

 

プレビューでどんな表示になるかを確認してみると分かるのですが記事タイトルに保護中と表示されます。

 

 

 

 

記事の本文冒頭ではパスワードを入力しないと記事の内容が表示されません。

 

 

 

 

トップページでもタイトルには保護中と表示されます。

 

 

公開に戻す方法

 

 

  1. 公開状態の編集をクリック
  2. 公開を選択
  3. OKをクリック
  4. 下書きに戻すなら下書き保存をクリック、公開してたなら更新を選択します。

 

 

下書き保存」するとスタータスは下書きになり「更新」をするとステータスは公開済みに変わります。

 

 

非公開

 

投稿を非公開にする方法

 

  1. 公開状態の編集をクリック
  2. 非公開にチェック
  3. OKをクリックします。
  4. 更新をクリック

 

 

 

 

プレビューで確認すると記事タイトルに非公開と表示されます。

 

 

 

そして、トップページにも非公開の表示がされたままで表示されるし、カテゴリーやタグ別でも非公開の表示がついて表示されます。

しかし、この非公開ページの表示はログインしてない人には見えないです。

 

公開に戻す方法

 

  1. 編集をクリック
  2. 公開をクリック
  3. OKを選択
  4. まだ公開してない状態ならステータスの編集をクリックしてプルダウンボックスから下書きを選択
  5. OKをクリック
  6. 下書きに戻すなら下書きを保存をクリック、公開するなら公開をクリックすると下書きの状態に戻ります。

 

 

 

Advertisement

 

 

 

ステータスの下書きとレビュー待ちは権限が関係してくる

 

ステータスには下書きレビュー待ちがあります。

 

 

 

下書きについては、WordPressの権限が購読者以上なら使えるので特に細かい説明はありませんが、次のレビュー待ちを使うときはWordPress権限が関係してきます。

 

 

下書き

 

投稿画面で何も操作していなければ、下書きとして保存ができるようにステータスは下書きになっています。

なので思う存分、下書き保存していってほしい!

 

 

レビュー待ちを使ってみる

 

レビュー待ちの場合は複数人でWordPressの運営してるときの寄与者の権限を持つ人が使ったりするときに使います。

 

 

  1. ステータスの編集をクリック
  2. レビュー待ちを選んでOKをクリック
  3. レビュー待ちとして保存をクリック

 

 

ステータスがレビュー待ちになるので、あとはWordPressの権限の管理者や編集者にレビューをしてもらい問題なければ記事を公開してもらいましょう。

 

 

「この投稿を先頭に固定表示」を活用してみる

 

最後に公開状態で使える「この投稿を先頭に固定表示」の使い方です。

 

 

  1. 公開状態の編集をクリック
  2. この投稿を先頭に固定表示を選択
  3. OKをクリック
  4. 更新をクリック

 

 

 

 

すると、「更新」でも「変更をプレビュー」どちらでもいいのですが、クリックしてトップページを見るとピックアップ記事として先頭に固定されることになります。

カテゴリーやタグでもピックアップ記事として先頭に固定されます。

記事の固定を解除するには、公開状態の編集で「この投稿を先頭に固定表示」のチェックを外してOKをクリック後に公開すれば固定表示はされなくなります。

 

 

下書きや公開が表示されなかったら編集してみるといいかもしれない

 

WordPressの公開状態やステータスをいじって思ったのですが、レビュー待ちにしてしまうと「下書きはどこ?」ってなってしまう事があったり非公開にすると下書きとして保存が表示されなくなったりします。

そして、公開状態を非表示にすると公開ではなく更新になってたりするので、そんな時は公開状態とステータスを編集をいじってみると改善できるかもしれません。

ご参考までに。

WordPress始め方カテゴリの最新記事