WordPressテーマ LION MEDIAを使うときのインストール方法

WordPressテーマ LION MEDIAを使うときのインストール方法

WordPressテーマのLION MEDIAをインストールして使い始めるようになってから、現時点で4ヶ月目になります。

私の弱小ブログでもLION MEDIAを使えば検索ボリュームがあるキーワードでも検索1位に入っていけてるのでLION MEDIAのテーマは力があるテーマなのかもしれません⇐単純

LION MEDIAの機能には55の機能があり「AMP対応、SEO最適化、レスポンシブ、高機能。そして表示速度が速い」これだけの機能がついて無料のWordPressテーマです。

 

 

AMP対応はロゴ画像を設定で有効にすれば簡単にAMP対応することができるし、目次作成はプラグインが必要と思っていたけど見出しで自動生成されるのでプラグインいらず。

インストールするLION MEDIAはプラグインなしで使える機能が多いため、表示速度も充分に出すことができます。

そして、WordPressにLION MEDIAをインストールする時には子テーマもダウンロードできるので、自分で子テーマを作成する必要がありません。

55の機能を備えてるLION MEDIAについてはLION BLOGの機能と特徴を初心者が使ってみた感想で記事にしてあります。

LION MEDIAとLION BLOGの共通の機能と特徴なので良ければ見てみてください。初心者感が強い感想を書いた記事になっています。

 

LION MEDIAの親テーマと子テーマが必要

 

LION MEDIAをインストールするには、まずWordPressテーマのLION MEDIAを作成したFITのサイトで会員登録をしてファイルをダウンロードしてきます。

WordPress内でテーマ探しするのと違い、野良テーマと呼ばれるWordPressテーマのインストールの場合は作成者のサイトからファイルをダウンロードしてWordPressにインストールする必要があります。

これは違うテーマに変更した場合でも同じことなので覚えておくといいかもしれません。

では実際にダウンロードしてみます。

 

LION MEDIAの親テーマをダウンロードする

 

LION MEDIAがダウンンロードできるFITのサイトを開きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

  • WordPressバージョンは4.4以上推奨
  • テーマバージョン 2.0.0(2018.02.15更新)

 

 

LION MEDIAのダウンロードサイトでLION BLOGの下にLION MEDIAの「無料テーマ-ダウンロード」があるのでクリック。

そして、WP無料ダウンロード会員登録で「新規ユーザー登録」をします。

この新規ユーザー登録をしておくと、LION MEDIAをインストールして使用してるとテーマのバグ修正や新機能が追加されたときやWordPressの活用法の配信が来ることがあります。

必要事項を入力して登録後にメールアドレスにメールが届くので、パスワードとユーザー名でログインします。

そしてダウンロードページに進めます。

 

 

LION MEDIAの親テーマは赤いリンクボタンです。

 

 

 

クリックすると「lionmedia-200.zip」がダウンロードされます。

 

子テーマもダウンロードする

 

次に子テーマもダウンロード。

 

 

黒いリンクボタンで「子テーマ-ダウンロード」をクリック。

 

 

子テーマは「lionmedia-child.zip

 

これで、LION MEDIAをWordPressにインストールする準備は完成です。

 

 

Advertisement

 

 

親テーマと子テーマをWordPressにインストールする

 

さっきダウンロードしたLION MEDIAの親テーマと子テーマのzipファイルをWordPressにインストールします。

 

WordPressで「テーマ」をクリック

 

 

新規追加」をクリック

 

テーマのアップロード」をクリック

 

ファイルを選択」をクリック

 

 

先ほどダウンロードしてきたLION MEDIA の親テーマzipファイルを選択してから「今すぐインストール」をクリックでLION MEDIAのインストールが開始されます。

その後に子テーマのzipファイルも同じ方法でインストール。

 

 

インストールしたら「ライブプレビュー」してLION MEDIAのテーマが自分のブログでどんな感じに反映されるのか表示してみるのも良いかもしれません。

 

 

親テーマも子テーマもインストールが終わったらLION MEDIA Childの子テーマを「有効化」します。

子テーマを有効化させるとLION MEDIAのテーマが正式にブログのデザインに反映されます。

 

 

Advertisement

 

 

親テーマはいじらない方が良い理由

 

LION MEDIAの親テーマと子テーマをWordPressにインストールしました。そしてLION MEDIAの子テーマ、LION MEDIA Childを有効化したので子テーマを有効化したほうが良い理由を知っておくと良いと思います。

そして念のため、有効化できたかの確認もします。

まずWordPressの「テーマ編集」で、LION MEDIAの親テーマと子テーマがインストールされたか確認できます。

 

 

編集するテーマを選択で「LION MEDIA」を選び矢印をクリックします。

 

すると、現在インストールされてるWordPressテーマが確認できるので、その中にさっきインストールした「LION MEDIA」と「LION MEDIA Child」があればインストールは成功してます。

 

 

 

LION MEDIAのテーマファイルの中身ですが、スタイルシートやらテーマのための関数やら意味の分からない言葉がウジャウジャありますが、インストールした親テーマにはLION MEDIAをWordPressでサイト表示させるための、それぞれのファイルが入っています。

ブログのデザインに必要なそれぞれのパーツがテーマファイルに分割されてデザインの元(親)になってるのが親テーマ。

この親テーマに新しい機能やテーマの修正がある場合、WordPress公式テーマなどは自動でアップデートがされますが、既存のテーマを直接カスタマイズしてしまうとアップデートのときにファイルが全て上書きされてしまい、頑張ってカスタマイズしたものが全てなかったことになってしまうのであまりいじらないで子テーマを使ってカスタマイズしたほうがいいのです。

 

子テーマを使った方が良い理由

 

それから子テーマですが、親テーマを選択した時と同様に「LION MEDIA child」を選んで選択をクリックすると子テーマファイルが見られます。

 

 

カスタマイズするときに子テーマを使うと良い理由は

親テーマの機能を継承できるし、その機能も追加したり修正もしたりできることです。

インストールした子テーマについては、WordPressをガシガシ使いまくってるうちに理解できてくるので今回は、LION MEDIAでインストールしたのは親テーマだけでなく子テーマもインストールしているんだぜ!ということを覚えておきましょう。

時間があるときにでも、子テーマの場所やカスタマイズするやり方を覚えておくと今後、「CSSを子テーマに記述してください」とか出てきたらすぐ対応できるので必ず役立ちます。

 

まとめ

 

今回はWordPressテーマのLION MEDIAをインストールしてみました。

意外とインストールは簡単にできたと思いますが、次はインストールしたLION MEDIAのテーマをカスタマイズ設定する必要があります。

記事内の目次やヘッダー画像の設定、AMPに対応させるならロゴ画像の設定があります。

LION MEDIA カスタマイズ設定の使い方では全部の設定ができるように記事にしてあります。

良ければ参考にカスタマイズ設定をしてみてください。

WordPressテーマカテゴリの最新記事