LION MEDIAからTHE THORへのテーマ変更前に調べたこと

LION MEDIAからTHE THORへのテーマ変更前に調べたこと

WordPressテーマLION MEDIAからTHE THORへテーマ変更をしようか悩んでいる人がTHE THORのことを調べておきたいと思って書いた記事です。

LION MEDIAからTHE THORにテーマ変更したいと思うようになった理由と、テーマ変更前の検討材料としてTHE THORのことについて調べたことを書いてみました。

LION MEDIAを使用しているけど変更したいWordPressテーマの候補にTHE THORが入っている方あたりの参考材料に少しでもなればと思います。

 

LION MEDIAからTHE THORにテーマ変更する理由

 

LION MEDIAからTHE THORにテーマ変更したい理由が2つあります。

 

1つめはLION MEDIAのテーマを使い続けていくことが今後少しずつ難しくなっていきそうという理由。

2つめはTHE THORならテーマ変更してもLION MEDIAの機能やデザインを引き継げそうという理由。

 

1つめと2つめの理由に辿りつく理由もあります。

 

LION MEDIAの不具合と更新の問題

 

LION MEDIAからTHE THORにテーマ変更をしようかと思う1つめの理由には、LION MEDIAの更新と不具合の問題があるからです。

WordPressでブログを始めてからLION MEDIAのテーマを2年4か月ほど使用していますが不具合は2回です。

 

  • パンくずの不具合
  • カテゴリーが選択できない不具合

 

上記の不具合に対してLION MEDIAのテーマ更新がないため、自分で不具合を解決する必要があったのですが、パンくずのエラーになった不具合のときだけは、自力で解決することができなかったので困りました。

このとき「そろそろLION MEDIAから違うテーマに変更するべきかな」と思うわけです。

 

Advertisement

 

THE THORのデザインがLION MEDIAに似ている

 

LION MEDIAの不具合を自分自身で解決できなかったことがきっかけでテーマ探しをしてみた結果、辿り着いたテーマはWordPressテーマ「THE THOR」です。

また、単純な理由ではありますが、LION MEDIAを使用しているブログデザインをガラッと変更したくない、それに伴いTHE THORのテーマデザインがLION MEDIAに似ているというのが「THE THOR」を購入する前に調べてみようかと思った理由です。

LION MEDIAとTHE THORのWordPressテーマを作成している会社は「フィット株式会社」という同じWEB制作会社です。THE THORのデモサイトでテーマデザインを見ると、着せ替えデザインによりけりではありますが、LION MEDIAのデザインに似ていることがわかります。

 

 

THE THORのデモサイト一覧

 

LION MEDIAからTHE THORへテーマ変更する前の「見た目」の判断材料のひとつにできます。

 

THE THORへのテーマ変更前に調べたこと

 

テーマのデザイン「見た目」はTHE THORのデモサイトで調べることができますが、テーマデザイン以外にも、実際にテーマ変更をした場合にどんな設定で、どんな機能が使えるのか、そしてLION MEDIAを使用している機能やデザインを引き継げそうなのかもテーマ購入前に調べて知っておきたいと思います。

 

LION MEDIAの機能をTHE THORで使えるのか

 

LION MEDIAで使用している機能は、THE THORにテーマ変更したとしてもほぼ全ての同じ機能を使うことができます。

例えばLION MEDIAの機能で「ピックアップ記事」がありますが、THE THORにテーマ変更してもピックアップ記事として、トップページに3記事を設定で表示できます。

他にもLION MEDIAの機能にあるランキング表示や目次、関連記事や記事の装飾に使うマーカーなども、THE THORで使えます。

さすがに全く同じテーマ機能というわけにはいきませんでしたが、THE THORの設定をいじってみた限りでは、LION MEDIAで使用しているテーマ設定からの機能を維持できることに加えて、THE THORならではのテーマ機能を盛り込んだブログ運営ができると実感できました。

 

THE THORのテーマ設定を実際に調べる

 

THE THORのテーマ購入のことや購入後のことはいろんな情報がネット上にありますが、読んだだけでは自分がLION MEDIAからTHE THORにテーマ変更した場合のイメージがしっくり来ませんでした。

幸いにもWordPressでブログのテーマにTHE THORを使用している知り合いがいます。

THE THORを使用中の知り合いに頼んで設定を実際に見せていただき調べることでLION MEDIAからTHE THORへのテーマ変更を検討してみました。

WordPressテーマのTHE THORにはカスタマイズ設定に全部で19項目の設定があります。(テーマバージョンアップにより前後する可能性があるかもしれない)

 

 

THE THORのカスタマイズ設定で19項目の設定を全部見た中でテーマ変更の検討材料になると思えたのは9個の設定です。

9個の設定内にも細かい設定があるのですが、その設定内でLION MEDIAからTHE THORにテーマ変更した場合には「こんなこともできるようになるんだ」と知ることができた設定をテーマ変更前の参考として書いていきます。

 

共通エリア設定

 

THE THORの共通エリア設定には「ヘッダーエリア設定」があります。

 

 

ヘッダーエリア設定からヘッダーにサーチパネルとメニューパネルの機能を表示できます。

LION MEDIAの場合のヘッダーの設定はサイトタイトル、検索フォーム、注目キーワードなどが設定可能ですが、これに加えてTHE THORにテーマ変更した場合には、ヘッダーにサーチパネルとメニューパネルが新たに加わります。

 

 

THE THORのメニューパネルに関しては、LION MEDIAのヘッダーでハンバーガーメニューのアイコンと比較するとわかりやすいです。

 

 

LION MEDIAのハンバーガーメニューアイコンは、グローバルメニューから検索フォームと注目キーワードへの表示と非表示を切り替えるスイッチの役割です。

 

 

THE THORの場合はハンバーガーメニューのアイコンをクリックするとメニューとしてのパネルが画面右から表示できるので、意味のある、そして実用的なメニュー機能として役立ちます。

私の知り合いはメニューパネルにアドセンス広告だけを表示していました、個人的には発想が好きです。

 

 

またLION MEDIAで表示していたヘッダーの検索フォームをTHE THORではサーチパネル内に表示できるようになるので、タグ一覧やカテゴリーリストを検索ヒントのようにセットで設定して表示できます。

これによりLION MEDIAからTHE THORにテーマ変更した場合には、ヘッダーで表現できることは豊富になることが実感できました。

 

TOPページ設定

 

THE THORの「TOPページ設定」は、トップページで記事一覧の上下にコンテンツを表示できる設定です。

 

 

トップページの記事一覧の上にTOPページ設定で表示できる機能は4つ、その中でテーマ変更の検討材料にしたい目立つ設定が3つありました。

 

  • メインビジュアル設定
  • カルーセルスライダー設定
  • ピックアップ記事設定

 

上記3つの設定のうちLION MEDIAにはない設定はメインビジュアル設定とカルーセルスライダー設定の2つです。

「メインビジュアル設定」にはメインビジュアルをどのように表示するか選べる種類があり、静止画、YouTube背景動画、スライドショーを自動再生するかしないかを選択して表示できました。

 

 

LION MEIDAではメインビジュアルは設定で表示できません。

もしLION MEDIAでTHE THORのメインビジュアル設定を実現するなら、WordPressのカスタムヘッダーでLION MEDIAをカスタマイズすることになりますし、スライドショーにするならSwiperなどを組み込むための手間がかかります。

サイトのトップページでメインビジュアルを使いたい方なら、設定だけで表示が「できる」「できない」をテーマ比較すると、LION MEDIAからTHE THORへのテーマ変更はプラスになると思えました。

 

「カルーセルスライダー設定」

 

 

THE THORのカルーセルスライダー設定は、選択項目から「投稿」「投稿以外」「カテゴリ」「カテゴリ以外」「id指定」を選択してトップページに表示できる機能です。このとき表示件数も設定できます。

LION MEDIAにはカルーセルスライダーの設定はないので、ピックアップ記事をカルーセルスライダーにしたカスタマイズをしたことがあるのですが、実装はできてもTHE THORのようにテーマ設定に組み込むことができなかったので、設定項目に加わっていることだけでも魅力的です。

 

Advertisement

 

そしてピックアップ記事です。

3記事の投稿IDを設定して表示できるのはLION MEDIAのピックアップ記事設定と同じです。ただLION MEDIAのピックアップ記事とTHE THORのピックアップ記事ではレイアウトが違います。(同じレイアウトにできた場合はすいません)

 

 

LION MEDIAからTHE THORへテーマ変更した場合にはピックアップ記事のレイアウトは変わってしまうことになりますね。スマホ画面でTHE THORのピックアップ記事表示を見てもいい感じでした。

 

次にTHE THORのトップページ記事一覧の下にコンテンツを表示できるTOPページ設定2つです。

 

  • 記事ランキング設定
  • カテゴリ最新記事設定

 

表示できる配置はLIONM MEDIAと同じで、デザインもだいたい同じなのでTHE THORにテーマ変更してもLION MEDIAのときと似たような設定をして引き継げます。

 

 

THE THORにテーマ変更をして記事ランキング設定はサイド表示したとしても、トップページのカテゴリ最新記事は、投稿ページへの移動に地味に役立ちます。LION MEDIAで表示させていたように違和感ない配置でコンテンツを見せられるのは嬉しいです。

 

アーカイブページ設定

 

 

THE THORのアーカイブページ設定はトップページの記事一覧をどのように見せるかの設定です。

例えばアーカイブページ設定のコントローラー設定では、人気順にタブで切り替えができるように設定できます。

 

 

LION MEDIAのように投稿順だけで見せるアーカイブではなく、訪問者が記事一覧の見方を選べるようなアーカイブに設定できます。

その他にもTHE THORのアーカイブページ設定でレイアウト設定を使うと、以下の3パターンのレイアウト切り替えから選択ができて、アーカイブの見せ方を設定できます。

 

  • ワイド
  • カード
  • ノーマル

 

THE THORのカードレイアウトはLION MEDIAでのノーマルレイアウトと同じす。

ワイドレイアウトはLION MEDIAもTHE THORも同じ。

LION MEDIAからTHE THORにテーマ変更した場合に新たに設定できるようになるのがノーマルレイアウトです。

 

 

THE THORのノーマルレイアウトは画像と文字を横並びにしたスタイルです。

LION MEDIAのテーマを使っていたら使えない画像と文字を横並びにしたTHE THORのノーマルレイアウトは使ってみたいと思いました。

ページのレイアウトは訪問者それぞれに「見やすい」「見づらい」があるので、LION MEDIAにはない設定で「見やすさの選択肢」を提供できるという部分を重視すると、THE THORにテーマ変更してもいいかなと思えてくるような設定です。

 

投稿ページ設定

 

THE THORの投稿ページ設定もLION MEDIAからTHE THORへテーマ変更する検討材料にしたくて調べました。

 

 

THE THORの投稿ページ上部に設定できること

「スタイル設定」を開いた中にページタイトル設定があって、投稿ページ上部の投稿タイトルデザインが選択できます。

 

ノーマル

アイキャッチなしとありにできる。

 

バイラル風

LION MEDIAの投稿タイトルと同じデザインにできる。

 

 

LION MEDIAと同じバイラル風の投稿タイトルデザインをTHE THORにテーマ変更した場合でもデザイン維持できることが調べてわかったことは私としては大きな収穫です。

投稿に使う目次設定もできました。表示と非表示の切り替えと見出しレベルの選択が可能なのでLION MEDIAの目次と同じ目次設定で使えます。

 

Advertisement

 

THE THORの投稿ページ下部に設定できること

LION MEDIAでは設定にないPrev Next記事設定がTHE THORにテーマ変更した場合には使用できます。

Prev Next記事設定は「次の記事」「前の記事」をアイキャッチ付きで表示できる設定です。

 

LION MEDIAでも設定が可能なTHE THORの投稿ページ下部でできる設定

 

  • プロフィール設定
  • 関連記事設定
  • 所属カテゴリ最新記事設定

 

THE THORにテーマ変更しても上記の3設定はLION MEDIAの設定を受け継いでいたので違和感なく使用できる機能です。

 

パーツスタイル設定

 

 

THE THORにテーマ変更した場合の記事の書き方に関係するのが「パーツスタイル設定」です。記事の装飾関係の設定ですね。

 

  • マーカー設定
  • ラベル設定
  • ボタン設定
  • ボックス設定
  • ボックス内ボックス設定
  • その他エディタ用パーツ設定
  • 共通ボタン設定(全ページ用)
  • 見出し設定(個別ページ用)
  • リスト設定(個別ページ用)
  • 吹き出し設定(個別ページ用)
  • 引用設定(個別ページ用)
  • テーブル設定(個別ページ用)
  • シェアボタン設定(個別ページ用)

 

設定名を見ると記事を書くときにどんな装飾に関係してくるのか想像できますが、例えば見出し設定なら、投稿の見出しをどんなデザインで表示したいかを、見出しデザインの種類から選択して設定できます。

THE THORの見出しデザインの種類はLION MEDIAよりもさらに多くて、50種類以上です。たとえば、このブログの見出しは吹き出しの見出しデザインを使用していますが、THE THORにテーマ変更しても、吹き出しデザインを維持できるというように見出し種類が豊富です。

THE THORのパーツスタイル設定に関連しているのは投稿編集ページのツールバーです。(調べたのはクラシックエディタです)

 

 

たとえば記事の文章によく使うマーカー1色をパーツスタイル設定のマーカー設定でセットしておけば、投稿のツールバー内のスタイルから簡単にマーカーを呼び出しできます。

 

 

他にもTHE THORにテーマ変更した場合には、困るくらいの豊富な装飾が使えるようになります。LION MEDIAに比べて装飾パターンに関連する設定が多くなるのが確実なので、しばらくは記事の書き方に苦戦するかもしれないことを覚悟しておく必要ありだと思えました。

 

THE THORへのテーマ購入前に調べること

 

WordPressテーマのTHE THORへのテーマ変更前に調べてみたことで、LION MEDIAで現在使用している機能を維持できる設定もあるし、新たな機能を設定で使えるようになる良さもあったので、LION MEDIAからTHE THORへのテーマ変更はありだと思えました。

 

ですがLION MEDIAからTHE THORへのテーマ変更を決めたとしても、すぐにテーマ購入とならならいようにしたいです。

THE THORへのテーマ変更を決めてからは、LION MEDIAでカスタマイズしていたCSSやPHPのコードが消えないようにバックアップしたり、必要なくなるプラグインなども調べることでスムーズなテーマ変更ができるように事前準備をしておきたいから。

 

最後に、おせっかい過ぎるかもしれませんが、THE THORの公式ページで「デモサイト一覧」「特徴一覧」「利用者の声」「よくある質問」も調べることで「今のサイトにとってTHE THORが有益なものになるかを判断」して、THE THORへのテーマ変更はありだと再確認できたらTHE THORを購入します。

 

 

WordPressテーマカテゴリの最新記事