MAMPをMacにインストールしてローカル環境を使えるようにする方法

MAMPをMacにインストールしてローカル環境を使えるようにする方法

MAMPは「Macintosh」「Apache」「MySQL」「PHP」の頭文字をとったフリーソフトです。
MAMP(マンプ)にはApache、MySQL、PHPの一式が入っていて、Apacheの他に同時リクエストに特化してるNginxも使用することができます。

MAMP公式サイトで一式をインストールして簡単にローカル環境が作れます。

Macintoshの頭文字をソフト名にしてるくらいなのでMacでしかMAMPをインストールできないと思ってしまいそうですが、WindowsでもMAMPをインストールすることができます。

今回はMacにMAMPをインストールする方法を解説してます。

 

MAMPをインストールする流れ

 

  1. MAMP公式サイトでMAMPインストーラーパッケージを無料ダウンロード
  2. MAMPをインストール

 

上記の簡単な流れでMAMPをインストール。そしてインストールまで終わったらMAMPを起動させて「Apache」「MySQL」「PHP」のパフォーマンス設定をする流れです。

 

MAMPインストール前にダウンロード

 

 

MAMP公式サイトでMAMPインストーラーパッケージをダウンロードします。

free MAMP download」をクリックすると画面がダウンロード画面に切り替わります。

 

 

 

 

 

切り替わった画面にある「MAMP&MAMP PRO」がMacにMAMPをインストールするインストーラーパッケージなのでクリックでダウンロードします。

 

 

 

Macにダウンロードしたパッケージ名は「MAMP_MAMP_PRO_5.3.pkg」です。

 

ダウンロードしたMAMPをインストールする

 

ダウンロードしたMAMP_MAMP_PRO5.3pkgをダブルクリックでインストーラーが開きます。

MAMPインストーラーの操作流れは

 

  • はじめに
  • 大切な情報
  • 使用許諾契約
  • インストール先
  • インストールの種類
  • インストール
  • 概要

 

 

 

上記の項目がありますが、「使用許諾契約」まで「続ける」で進んで同意してから、MAMPのインストール先が「Macintosh HD」になってるので続けるをクリック。

 

 

 

 

「インストールの種類」まで進むと上の画像で「標準インストール」の部分が「カスタマイズ」と表示されてます。

「カスタマイズ」をクリックすると有料版のMAMP PROと一緒にインストールしないようにできます。チェックを外して無料版MAMPだけをインストールしてもいいですし、そのままインストールして後からMAMP PROを削除しても大丈夫です。

そもそも無料版のMAMPだけの使用ならMAMP PROは使いません。

 

 

 

そのあとに、インストールをクリックするとMAMPのインストールが始まり、スクリプトの読み込みあたりでMAMPがMacのアプリ内に追加されMAMPのインストールが完了します。

 

 

Advertisement

 

 

ローカル環境を使うための設定

 

MAMPのインストール完了後に、MAMPでローカル環境が使えるようにMAMPパフォーマンスの設定をします。

 

  • MacでMAMP performanceを起動
  • MAMP起動時の設定
  • ポート番号の設定
  • PHPバージョンの設定
  • Apacheの設定

 

上記の流れでローカル環境が使えるように設定していきます。

 

 

 

Macのアプリケーションを開いてMAMPを開きます。

 

 

 

 

開いたMAMPの画面のままMac上部にMAMPと表示されてるのでperformanceを選んでクリック、または「⌘ 、」でも開きます。

 

MAMP起動時の設定

 

General」の項目はMAMPの起動時の設定をします。

 

 

 

「When starting MAMP」

Start servers⇒MAMPを起動させたとき同時にサーバー起動させるか設定できる

Open WebStart page⇒MAMP起動時と一緒にphpadminなどのリンクもあるMAMPスタートページを開く設定です。

 

「When quitting MAMP」

Stop server⇒MAMPの起動を停止すると一緒にサーバーも停止する設定です。

 

MAMP起動時にどんな起動方法にしたいか選んだら「OK」をクリックして設定します。

 

ポート番号の設定

 

デフォルト設定のApacheのポート番号は8888番、MySQLポート番号は8889番に設定されています。

Apacheポート番号がデフォルトだとMAMPのURLはhttp://localhost:8888/になります。

 

 

 

Advertisement

 

 

私はhttp://localhost/でMAMPのローカル環境にアクセスできるようにしたいのでApacheポート番号を変更しています。

ポート番号をデフォルトとポート番号変更した場合の違い

MacでMAMPを起動するときに

 

  • ポート番号変更した場合「1024以下」はroot権限が必要になりMAMP起動時にMacのユーザーパスワード入力が必要。
  • デフォルトの場合はMAMP起動時にパスワードなしで起動。

 

パスワードあり、なしでMAMP起動するかしないかの違いです。

 

  • Apache port: 80
  • Nginx port: 80
  • MySQL port: 3306

 

Set Web & MySQL ports 80 & 3306」をクリックしてApache portとNginx portを80、MySQL portを3306にします。

 

このときにポート番号を「80」にしたらエラーになる場合があるかもしれません。Macで使用してるApacheと競合してる可能性があります。

例えばMacのターミナルでApacheを起動させてるパターンがあります。

 

sudo apachectl stop

 

その場合はターミナルでApacheの停止を上記のコマンドで停止するとエラーがなくなります。

 

PHPバージョンの設定

 

次にPHPのバージョンを設定です。

 

 

2019年4月22日時点のMAMPのPHPバージョンで選べるバージョンは

 

  • 7.2.14
  • 7.3.1

 

使用したいphpバージョンを選んで「OK」をクリック。

7.3.1にするとデータベースでエラー表示が出ることがありました、そのため私はPHPバージョンを7.2.14にして使用することもあります。

バージョン7.3のエラー表示を調べたところPHP7.3のバグらしいです。

バグ内容 preg_replace(): JIT compilation failed: no more memory

 

 

Webサーバーの設定

 

 

ApacheかNginxが選べます。

選んだら「OK」をクリック。

ドキュメントルートは/Applications/MAMP/htdocs/です。

 

MAMPがインストール出来てるか確認する

 

MAMPが無事にインストール出来てローカル環境として使えるかテスト用のPHPファイルを作成してブラウザ表示を確認します。

 

<?php
echo 'mamp local test';

 

 

 

 

上のPHPコードをテキストエディトに書いて、ファイル名をtest.phpにしてからドキュメントルートに配置します。

 

localhost:80/test.php

 

Apacheのポート番号を80にしてるので上記のURLでアクセスして確認します。

Apacheのポート番号が8888だったらlocalhost:8888/test.phpです。

 

 

 

表示が確認できたらMAMPインストールは無事に完成です。

 

 

MAMPをインストールしたあとに、WordPressをローカル環境で使用したいと思っている場合はWordPressローカル環境の作成方法を記事にしてるので、よければ読んでみてください。

WordPress使い方カテゴリの最新記事