WordPressプラグインをダウングレードする簡単な方法

WordPressプラグインをダウングレードする簡単な方法

WordPressのプラグインをダウングレードして現在使用中のプラグインのバージョンを以前のバージョンに下げる簡単な方法を紹介します。

プラグインのダウングレードしたいときって、そんなに時間をかけたくないかと思いますが、時間をかけないプラグインのダウングレードが実現できる方法です。

設定や操作も簡単に使えたので、WordPressプラグインをダウングレードする方法の後には、実際に使用した方法の実例も紹介したいと思います。

 

プラグインをダウングレードしてバージョン戻す

 

WordPressのプラグインをダウングレードしたい理由は、ほとんどはプラグインの不具合だと思います。でも解決方法が見つからない、しかもエラーがサイトのどこかに表示されてしまっている場合などには早めに応急処置はしたい。

そこでWordPressのプラグインを不具合がなかったバージョンにダウングレードすることで原因が特定できるまで回避できるのですね。

 

wp rollbackで簡単にダウングレードする

 

WordPressのプラグイン「wp rollback」を使用することで、簡単にプラグインのバージョンを下げるダウングレードができます。

 

 

WordPressの管理画面からプラグイン⇒新規追加⇒「wp rollback」検索⇒wp rollbackを「今すぐインストール」をクリックしてインストール後に「有効化」します。

有効化したwp rollbackの設定はありません。すぐにバージョンを下げたいWordPressのプラグインを選択してダウングレードすることができます。

 

ダウングレードしてバージョンを戻すやり方

 

プラグインをダウングレードする例として「wp rollback」をダウングレードしてバージョンを戻すやり方で説明します。

wp rollbackを有効化した状態のままWordPressの管理画面で「インストール済みプラグイン」を見ると、各プラグイン名の下に「Rollback」という項目が追加されています。

そしてwp rollbackのプラグイン名の下にも「Rollback」の表示があるのでクリックします。そうすると下の画像のようにダウングレードしたいプラグインのバージョンが表示します。

 

 

現在のプラグインのバージョンが「1.7.0」のプラグインをダウングレードして「1.6」のバージョンに戻すとしたら、「1.6」にチェックを入れて画面下にあるRollbackのボタンをクリックします。

そうすると「次のロールバックを実行してもよろしいですか?」の表示と共に表示される以下の内容を確認します。

 

  • ダウングレードするプラグイン名
  • ダウングレードするプラグインの現在使用中のバージョン
  • これからダウングレードするプラグインのバージョン

 

オッケーならRollbackのボタンをクリックしてプラグインのダウングレードを開始します。

プラグインのダウングレードが完了してから、バージョンを戻したプラグインを見ると無事にダウングレードできているのが確認できます。簡単ですね。

 

 

このとき、そのWordPressプラグインに最新のバージョンが存在する場合は「プラグインの更新をしてください」の表示が出ますが、望んでプラグインのダウングレードをしているので更新しないようにします。

 

プラグインの自動更新をしないようにしておく

 

何かのプラグインを使ってWordPressの自動更新の設定をしている場合には、自動更新の設定を外しておくようにします。

せっかくダウングレードしたWordPressのプラグインが次の日には最新バージョンに自動更新されてしまうのでダウングレードをやり直す毎日の繰り返しになってしまうからです。

たとえばプラグインで「アドバンスド自動更新」をインストールしている場合は、WordPressのアドバンスド自動更新の設定を開いて「プラグインを自動的に更新しますか?」のチェックを外しておけばダウングレードしたプラグインが自動更新されずに使用できます。

 

 

Advertisement

 

プラグインで自動更新をしていない場合は、wp-config.phpに以下のコードの記述をします。

 

define('AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true);

 

wp-config.phpの一番下にでも記述しておくと、後で分かりやすいかと思います。

 

この記述はプラグインだけではなく、WordPress自体やテーマやプラグインの全てのアップデートを自動更新しなくなるので、WordPressでアップデートする必要があるときは個別に更新情報を確認しながら手動更新する必要があります。

 

WordPressのプラグインをダウングレードした実例

 

WordPressのプラグインをダウングレードする方法を説明してきましたが、次は実際にWordPressプラグインの不具合が発生したため、先述した方法でプラグインをダウングレードして不具合の回避をした実例を紹介します。

WordPressのプラグインをダウンロードする方法では、こういうケースのときに使用することができるという参考になればと思います。

 

プラグインを更新して不具合が発生

 

WordPressのプラグインで不具合が発生したプラグインは「All in One SEO Pack」でした。

もともと「WordPress」「テーマ」「プラグイン」を自動更新にしていたので更新後のサイトチェックを忘れていたのです。それでもサイトのトップページや投稿ページを開くことが多かったのですが、多いにも関わらず全く不具合の発生はない感じだったのです。

 

不具合の特定はできても対処できない

 

しかしサイトのトップページから2ページ、3ページとページネーションを進めるとプラグインの更新による不具合が発生しているわけです。

 

 

上記の画像のようにヘッダーの上部にエラー表示されてしまう状態です。

エラー表示を確認すると、どのWordPressプラグインが、どのファイルで不具合があるのか特定できるのですが、いざ特定したコードを見ても今回は全くわからなかったので対処できない状態に悩みました。広告の不具合よりタチが悪い。

 

ダウングレードして不具合を回避

 

プラグインの更新があって不具合が発生した原因の対処ができないのでAll in One SEO PackのサポートやGitHubを確認すると、プラグイン作成者が修正中とのことなので数日中には不具合が直る予定というコメント発見。

 

Advertisement

 

プラグインの不具合が直るまでヘッダーに表示されるエラー表示を自力で消す必要があります。

そこでプラグインの不具合を簡単に回避することのできる方法で、プラグインをダウングレードして不具合がなかった以前のバージョンに戻すことで回避しました。

実例のようにプラグインの更新をしたことによっての不具合は、WordPressのプラグインを使用していれば、いつかあるかもしれません。

私は2回不具合がありましたが、実例のようにサイトに目に見える不具合だと早めに対処したくなります。

難しいコードの修正が必要な場合が厄介でして、自分ではどうすることもできない場合にはWordPressのプラグインをダウングレードしてバージョンを戻すようにするのが一番簡単な方法だと実際に不具合の経験をして思えることでした。

WordPressプラグインカテゴリの最新記事