WordPressに静的サイトを共存させてみる

WordPressに静的サイトを共存させてみる

WordPressと静的サイトを共存させてみたときのやり方についてです。

「共存させてみる」とかカッコつけて言ってますが、WordPressをインストールしているフォルダと同じ階層にフォルダを作成して、静的サイトとして使用するhtmlファイルやcssファイルを放り込んでいくだけの簡単な作業なのです。

 

静的サイト用のフォルダを作成

 

WordPressがドキュメントルート直下に設置されているものとして説明しています。

 

 

WordPressのwp-contentやwp-includesがアップしてある階層にフォルダを新規作成します。今回はフォルダ名を「static」で作成してみることに。

このとき作成してアップしたstaticフォルダが静的サイト用フォルダになります。

 

静的サイトのフォルダにhtmlファイルをアップ

 

 

作成したフォルダ(例:static)には静的サイトとして使用するhtmlファイルやcssファイルを放り込んでアップします。

そしてURLにhtmlファイル等をアップした静的サイト用のフォルダ名を付加してアクセスすれば、作成したフォルダ内にアップしたindex.htmlが表示できます。

これで1つのウェブサーバーにWordPressと静的サイトを共存させることができているかと思います。

 

Advertisement

 

WordPressのように共通パーツをインクルード

 

WordPressのように静的サイトにも共通パーツをインクルードできるようにもしておきたいです。

そのためにWordPressと静的サイトのフォルダがあるルートディレクトリの.htaccessに追加記述をしてWordPressのように共通パーツをインクルードします。

サーバーがエックスサーバーの場合に.htaccessに追加記述したコードは次のコードです。

 

AddHandler fcgid-script .html

 

レンタルサーバーの仕様によって記述内容は変える必要があることに注意です。

 

dockerを使用したローカル環境にapacheを入れてWordPressと静的サイトのフォルダがあるルートディレクトリの.htaccessに追加記述したコードは以下です。(どちらか適宜)

 

# AddTypeを使う場合
AddType application/x-httpd-php .php .html

# AddHandlerを使う場合
AddHandler application/x-httpd-php .php .html

 

WordPressの関数は使えませんが、PHPでheader.phpを作成して以下のような感じでincludeすれば、WordPressのようにパーツ化した静的サイトにすることができます。

<?php include('parts/header.php'); ?>

WordPress使い方カテゴリの最新記事