WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで練習

WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで練習

WordPressのバックアップを作成する方法としてプラグインなしでバックアップする手動のやり方を練習しておこうと思います。

プラグインなしのWordPressのバックアップ方法をテストなしですぐに実践するのは不安だったので、まずはWordPressのバックアップ方法をローカル環境のWordPressで練習します。

手動でWordPressのバックアップファイルを取得してから復元するまでを練習した記事の内容となっています。

 

WordPressのバックアップ方法を練習する環境

 

WordPressの本番環境に影響がないようにWordPressのバックアップ方法を練習する環境にはローカル環境のWordPressを使用します。

WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで行う場合には手動で「WordPressのデータベース」と「WordPressファイル」をバックアップする必要があります。

そのためWordPressのバックアップ方法を練習するローカル環境にはデータベース(MySQL)をWebブラウザから操作できる「phpMyAdmin」などの管理ツールを利用してWordPressのデータベースを開ける環境にしておきます。

 

Advertisement

 

WordPressファイルのバックアップ方法もプラグインなしなのでWordPressのフォルダを操作できるローカル環境にしておき、手動でWordPressテーマやプラグイン、画像のフォルダをバックアップします。

今回はWordPressのバックアップ方法を練習する環境としてdocker-composeを使用することにしました。

 

WordPressのデータベースをバックアップ

 

WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで作業するときには、WordPressのデータベースに保存されてるデータをエクスポートしてバックアップファイルとして保存します。

WordPressのデータベースに保存されてるデータはWordPressの投稿画面で記事を書いた投稿に関するデータがテーブルで格納されているため、バックアップ後にプラグインなしで記事を復元するときには必須のバックアップファイルになります。

 

さっそくWordPressのデータベースをバックアップする練習をしてみます。

データベース(MySQL)に保存されているWordPressのデータベースをphpMyAdminにログインしてブラウザ上に表示します。

 

 

ログイン後はphpMyAdminのデータベース管理画面の左側にデータベース一覧が表示します。WordPressのデーターベース名をクリックしてから上部のメニューで「エクスポート」をクリックして画面をエクスポート画面に切り替えます。

 

 

phpMyAdminのエクスポート画面でWordPressのデーターベースのバックアップファイルを取得する設定をします。

「エクスポート方法:」の項目では「詳細 – 可能なオプションをすべて表示」にチェックを入れます。チェックを入れると、これからバックアップするWordPressのデータベースのテーブルが全選択された状態で展開表示されるので、全選択した状態の設定にしておきます。

 

「フォーマット:」はSQLに設定します。

 

「出力:」と「フォーマット特有のオプション:」はデフォルトでチェックしてある状態にしておきます。

 

 

「生成オプション」の項目では「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT / TRIGGER コマンドを追加する」にチェックを入れます。その他の追加コマンドはデフォルトのままに設定しました。

生成オプションの下には「データ作成オプション」と「エンコーディングへの変換:」の設定もありますが、どちらもデフォルトのままの設定にします。

 

Advertisement

 

最後に画面右下に「実行」のボタンがあるので、実行をクリックするとローカル環境に使用しているWordPressのデータベースから、投稿に関するデータのエクスポートファイルがPCにダウンロードされます。

PCにダウンロードされたファイルがWordPressのデータベースのバックアップファイルです。

この後にWordPressのファイルをバックアップするので、全てのバックアップファイルをまとめておくフォルダを作成してWordPressのデータベースのバックアップファイルを先に格納しておきます。

バックアップファイルをまとめておくフォルダ名はバックアップした日付をつけておくと復元に使用するときに分かりやすいかと思います。

 

WordPressのファイルをバックアップ

 

WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで行うときにはWordPressのファイルもバックアップします。

 

 

バックアップするWordPressファイルはwp-contentフォルダに格納されている「themes」「plugins」「uploads」フォルダに入っています。

 

  • themesフォルダにWordPressテーマ
  • uploadsフォルダにアップロード画像
  • pluginsフォルダにWordPressプラグイン

 

themes」「plugins」「uploads」の3つのフォルダをバックアップします。

WordPressのファイルをバックアップする方法としては、練習ですのでFTP操作ではなく、WordPressのローカル環境のフォルダから階層をwp-contentフォルダまで下げてから「themes」「plugins」「uploads」の3つのフォルダをコピーします。

 

 

コピーした「themes」「plugins」「uploads」の3つのフォルダは、先にWordPressのデータベースのバックアップファイルを格納しておいたフォルダ内にペーストして保管しておきます。

 

  • WordPressのデータベースのバックアップファイル
  • WordPressのthemes、plugins、uploadsのフォルダ

 

WordPressのバックアップファイルをまとめておくフォルダ内が上記のバックアップファイルの構成になればWordPressのバックアップをプラグインなしで行う作業は完成です。

保存するWordPressのバックアップファイルのサイズが大きい場合は圧縮してzipファイルにしておくと良いです。

練習を経て今後、本番環境のWordPressでバックアップをとるときにはFileZillaなどのFTPソフトでWebサーバーに接続してWordPressのthemes、plugins、uploadsの3つのフォルダをPCにダウンロードすることでWordPressファイルのバックアップができます。

 

バックアップファイルでWordPressを復元

 

WordPressのバックアップファイルを作成しただけでは練習が不十分だと思ったので、作成したWordPressのバックアップファイルでWordPressを復元してみます。

はじめに画像をWordPressのバックアップファイルで復元することに。

 

 

まずはローカル環境のWordPressでwp-contentフォルダ内のuploadsフォルダを削除して「サイトの画像が全て表示されないんですけど…」という画像の復元が必要な状態を自作自演。

WordPressのサイトの画像を復元するには、先ほど作成したWordPressのバックアップフォルダ内に保存しているuploadsフォルダをコピーして、削除してしまったuploadsフォルダの場所にペーストします。

 

 

ブラウザでページをリロードすると消えてしまった画像が復元できて表示されます。WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで練習した成果その1「画像の復元」成功。

 

次にWordPressの記事を復元です。

 

 

まずは復元するための仕込み。データベースをphpMyAdminで開たらWordPressのデータベース名をクリックしてテーブルを展開、そして躊躇なく全テーブルを削除。

 

 

ローカル環境のWordPressサイトのページをブラウザでリロードするとWordPressのインストール画面に戻されてしまうのでページすら見えない。WordPressのデータベースを復元して記事に戻ってきてもらいます。

 

 

phpMyAdminでデータベースを開き、テーブルを削除したWordPressのデータベース名をクリックで選択したら「インポート」をクリックします。

インポート画面に切り替わると「ファイルを選択」のボタンがあるのでクリックをしてバックアップをしておいたWordPressのデーベースのファイルを選択します。

最後にインポート画面の右下にある「実行」をクリックするとインポートが自動で開始されます。「インポートは正常に終了しました。」の表示が出るまで待ちます。

 

 

インポート終了後にブラウザで復元したページを表示させるとWordPressが「インストール済み」の状態になり、「ログイン」ボタンをクリックしてWordPressにログインすると、無事にページが表示されてWordPressの記事が復元できます。

WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで練習した成果その2「記事の復元」成功。

 

Advertisement

 

WordPressのデータベースを復元する場合では失敗したことがあります。

phpMyAdminのインポートでWordPressのデータベースのバックアップファイルを選択してインポートを実行するとエラーになってしまい復元できませんでした。

原因はバックアップファイルの容量が大きかったようでsqlの拡張子のままインポートするのではなく圧縮してzipファイルにすることで無事にWordPressの記事を復元できました。

 

WordPressのバックアップ方法をプラグインなしで練習すると、学べることが多いですし、疑問に思ったことをテストして失敗しても知識は広がり今後に活かせます。

またWordPressのバックアップを使用して復元するときには気持ちに余裕が持てるのでWordPressのバックアップ方法をプラグインなしで練習する価値はありました。

WordPress使い方カテゴリの最新記事