WordPressプラグインのマーカーアニメーションをバージョンアップする

WordPressプラグインのマーカーアニメーションをバージョンアップする

WordPressにマーカーアニメーションの最新のプラグインファイルをインストールするだけのやり方でバージョンアップしたのですが、設定していたマーカーのセレクタが変わってしまいました。

 

セレクタが変わることによってマーカーはWordPressで表示されなくなってしまいます。

 

そのためWordPressプラグインのマーカーアニメーションをバージョンアップするときに、既存のセレクタをメモしておき、設定をエクスポート。その後にプラグインをバージョンアップしてから、マーカー設定のインポート、最後に既存のセレクタを復元するやり方で作業を行いました。

「マーカーアニメーション」のバージョンアップをするやり方を手順にして記事にまとめました。読み進めることで参考になればと思います。

 

マーカーアニメーションのバージョンアップ準備

 

はじめにWordPressで使用しているプラグイン「マーカーアニメーション」のバージョンアップ準備です。

準備することは2つです。

 

  • マーカー設定名とセレクタのメモ
  • 既存マーカー設定のエクスポートファイルを準備

 

WordPressプラグイン「マーカーアニメーション」のバージョンアップ後でも、バージョンアップ前のマーカー設定が復元できるようするための準備になります。

 

マーカーアニメーションのバージョンアップを準備する作業場所は「設定管理」です。

具体的には、WordPressの管理画面サイドメニューにあるインストール済みの「マーカーアニメーション」から「設定管理」を開くという手順で進みます

 

開いた設定管理の画面には、WordPressでマーカーを使用するために設定したマーカーの一覧があります。このマーカーの一覧から、個々のマーカー設定名とセレクタをメモします。

 

 

マーカー名とセレクタが表示している場所は、上の画像を参考にして欲しいのですが、マーカー名は、ゴミ箱へ移動の上に表示しています。セレクタは「その他」の項目内に表示しています。

 

メモは個々のマーカー名に対してのセレクタをセットにしておくのが良いです。マーカーアニメーションのバージョンアップ後に追加する既存のセレクタ名が、どのマーカー名に使用していたものなのか分かるようにするためです。

 

Advertisement

 

次にWordPressでマーカーアニメーションのバージョンアップ前に使用していたプラグインでのマーカー設定をエクスポートファイルにして準備します。

 

 

エクスポートファイルを準備する手順は、マーカーアニメーションの設定管理の画面で設定名にチェックを入れます。すべてのマーカー設定名にチェックが入りますので「一括操作」から「JSON形式でエクスポート」を選択し「適用」をクリックします。

するとexportに番号が続くファイル名で、拡張子は.jsonのエクスポートファイルがローカルにダウンロードされます。

WordPressのマーカーアニメーションの設定管理からダウンロードしたエクスポートファイルは、マーカーアニメーションのバージョンアップ後のインポートで使用します。

 

マーカーアニメーションのバージョンアップ準備は完了です。つぎはWordPressにインストールする最新のマーカーアニメーションのファイル「release.zip」を入手します。

 

マーカーアニメーションのrelease.zipを入手

 

WordPressプラグインのマーカーアニメーションをバージョンアップするときに必要になる、最新のファイル「release.zip」をGitHubから入手します。

 

 

最新のマーカーアニメーションを入手

 

上記の「最新のマーカーアニメーションを入手」のリンクテキストからGitHubのマーカーアニメーションのページに進んで「Latest version」のリンクをクリックすることで最新バージョンの「release.zip」ファイルがローカルにダウンロードされ入手できます。

Latest versionではなく「最新バージョン」と表記されているかもしれません。

 

WordPressにマーカーアニメーションをインストール

 

ローカルにダウンロードしたマーカーアニメーションのプラグインファイル「release.zip」をWordPressにインストールします。

 

バージョンアップ前のマーカーアニメーションプラグインがある場合には、無効化して削除しておくのをお忘れなく。

 

WordPressにマーカーアニメーションをインストールする手順は、WordPressの管理画面サイドメニューから「プラグイン」項目内の「新規追加」で「プラグインを追加」に進み「プラグインのアップロード」ボタンをクリック。

GitHubからローカルにダウンロードした「release.zip」を選択して「今すぐインストール」をクリックします。

インストール処理が終了したら最新のマーカーアニメーションをWordPressに有効化します。

WordPressに最新のマーカーアニメーションをインストールすることでプラグインのバージョンアップをすることができています。

このときマーカーアニメーションでマーカーを使用しているWordPressの投稿ページでは、マーカーが表示していないと思いますので、マーカーアニメーションのバージョンアップ準備で用意しておいた、メモとインポートファイルでマーカーを復元します。

 

WordPressでマーカーアニメーションの設定をインポート

 

WordPressプラグインのマーカーアニメーションをバージョンアップする準備で事前に用意しておいた、マーカー設定のエクスポートファイルをインポートします。

 

インポートすることでプラグインのバージョンアップ前に使用していたマーカー設定名が復元します。

 

インポートする作業場所は、WordPressの管理画面サイドメニューにある「マーカーアニメーション」内の「設定管理」で行います。

 

設定管理の画面上部に「JSONからインポート」のボタンがあります。クリックをしてローカル内のエクスポートファイルを選択。インポートが始まり、終了するとインポート結果がポップアップ表示します。

 

 

インポート結果で「合計」と「成功」がマーカーアニメーションのバージョンアップ前のマーカー設定数と一致していればインポート完了です。ポップアップを閉じるとマーカーアニメーションの設定管理画面に戻ります。

 

Advertisement

 

設定管理画面でインポートしたマーカー設定一覧を確認してみてください。それぞれのマーカー名は復元できていますがセレクタが復元できていないかと思います。

WordPressに使用するマーカーアニメーションのセレクタを復元するには、マーカーアニメーションのバージョンアップのためにメモで準備しておいたセレクタを追加します。

 

バージョンアップ後マーカーセレクタを復元する

 

バージョンアップしたプラグイン「マーカーアニメーション」で設定済みのマーカーセレクタを復元するやり方は、マーカーアニメーションの設定管理でインポートしたマーカーを編集します。

マーカーの設定名をクリックすると編集画面が開きます。

 

 

セレクタの入力ボックスがありますので、プラグインのバージョンアップ前に準備しておいたメモから、インポートしたマーカー名と同じセレクタをコピーして貼り付けます。貼り付け終わったらページを更新します。まずは確認用として1つだけ復元してみると良いかもしれません。

復元後にWordPressの投稿ページでマーカーを使用している記事を確認してみてください。マーカーアニメーションのバージョンアップ前のマーカーが表示していれば、マーカーアニメーションプラグインのセレクタ復元は成功です。

最後に残りの復元したマーカー設定もメモと照らし合わせながらセレクタを追加して、WordPressプラグインのマーカーアニメーションのバージョンアップを完了させます。

WordPressプラグインカテゴリの最新記事