WordPress SSL化(https)と301リダイレクト設定

WordPress SSL化(https)と301リダイレクト設定

ここではWordPressインストール後のWordPressでhttpからhttpsに変更する設定(SSL化)とエックスサーバーでの301リダイレクト設定や301リダイレクトとは何かに触れています。

言葉自体では難しく感じますが意味を理解すると簡単なので参考にしてみてください。

 

 

WordPressアドレスとサイトアドレスに s 追加

 

WordPressにログインしたらダッシュボードで設定を選択

 

大文字ではなく小文字の s を入力

上記画面でhttpsに変更します。アルファベットの小文字 [ s ] を追加するだけですが追加個所は

  • WordPressアドレス(URL)
  • サイトアドレス(URL)

この2個所 http の後に s を追加してください。

入力が終わったら左下の 変更を保存 で反映されます。

ちなみに何故 s を追加したのかというとhttpの状態だと情報を見られる可能性があってログイン情報や個人情報が解読されてしまう可能性もあります。

httpsの s とは?

セキュア⇒⇒安全を意味する単語です

「安全だよ」「危険がないよ」といった意味ですね

httpsにしたことで暗号化されて解読できない形式にすることができます。

反映を確認したい場合

URLバーを見ると変更が確認できます。

これでWordPressインストール後のやること1個完了です

 

Advertisement

 

エックスサーバーでもhttpをhttpsに変更(301リダイレクト)

 

まず軽めに 301リダイレクト を知っておきましょう

リダイレクト って何?

 

リダイレクト⇒⇒転送 です。

例えば 固定電話にかかってきた電話をスマホに転送して電話を受ける こんな感じです。

これをネット上で

http://shu-sait.com でページを開いたひとが

https://shu-sait.com のしっかり保護された安全なサイトを見られるように転送しておくことが

リダイレクト

301リダイレクトの301って何?

 

今回の場合を例にですが

http だったのをhttpsに設定しましたが上のリダイレクト(転送)を転送状態に設定でしておくことです

301の他に302があるのですが違いは

  • 301  恒久的に転送
  • 302  一時的に転送

SEO上の効果

  • 301  被リンク等の効果を引き継ぐ(即引き継がれるわけではなく約1~2週間で)
  • 302  引き継がない

 

では軽めに分かったところでリダイレクト設定に進みます。

別記事でWordPressをインストールするためにエックスサーバーで独自SSL化している流れで説明しています。

エックスサーバーのトップページから サーバーパネル に進みます。

エックスサーバーのサーバーパネルの項目の.htaccess編集を選択。

 

ドメイン選択画面

ドメイン選択画面にきたら ご使用しているドメインを選択
.htaccess編集

.htaccess編集 を選択

 

上の画像の画面でコードの枠内に下記のコードを貼り付けたら .htaccessを編集(確認) 

 

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

確認画面で間違っていないかを確認したら .htaccessを編集する(確定)

これでエックスサーバーでのリダイレクト設定が完了です。

http://自分のサイトURLで入力して検索してみるとhttps:に転送されて表示確認できてるかと思います。

WordPressカテゴリの最新記事